電話:042-594-1900
@rye5250j
LINEの「友だち追加」から
「ID検索」または「QRコード」で登録

〒191-0022
東京都日野市大字新井865番地3

日野市大字新井の内科,小児科,神経内科,循環器内科,腎臓内科,リハビリテーション科 青和クリニック

神経内科

  • 脳ドック予約はこちらから
  • 青和クリニック神経内科サテライトホームページ
  • KNOW★VPD! VPDを知って、子どもを守ろう。(c)KNOW★VPD! Protect Our Children
  • Doctor's File ドクターズファイル 当院のドクターが紹介されました
  • コラム

神経内科とは?

医療法人社団 桃實会 青和クリニック理事長の高橋輝行です。
まず、私が専門とする「神経内科」について御紹介したいと思います。
即ち、神経内科とは、脳・脊髄・自律神経・末梢神経・神経筋接合部・骨格筋を全体的且つ系統的に診察し(これを神経学的診察と呼びます)、その障害を診断して内科的に(つまり薬で)治療をする診療科です。この様な神経系の異常による症状には、頭痛、運動麻痺、しびれ、めまい、起立や歩行の障害、ふるえ、けいれん、意識障害、失神、物が二重に見える、視野の異常、筋肉の痩せと脱力、物忘れなどがあります。従って神経内科で診る主な病気は、以下に示す様に極めて多岐にわたり、且つ多彩です。近年では脳卒中診療、てんかん診療、認知証(物忘れ)外来、頭痛外来、脳ドックなどで中心的な役割を担いつつあります。また、外科的治療を要する場合には脳神経外科や整形外科などに、さらに必要に応じて他の専門内科、ペインクリニック、精神神経科、心療内科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、婦人科などに御紹介いたします。

ここで、「神経内科」と間違われやすい診療科として、「精神神経科」と「心療内科」があります。精神神経科で診療する主な疾患は、統合失調症(精神分裂病)、うつ病、躁うつ病、気分障害、パニック障害、睡眠障害、児童・思春期・老年期の精神障害などです。一方、心療内科は平成8年に標榜が認められた、「現代社会のストレスから生じる様々な健康障害」を治療する内科領域の専門科であり、診療内容は精神神経科と殆ど変わりません。ぜひ、その辺りを間違いのない様に診療科を選んでいただければ幸いです。

さて、神経内科医が主催する日本神経学会には、全国で約9,000名の神経内科医が所属しています。この日本神経学会が行う極めて厳正な資格試験(=専門医試験:記述試験・口頭試問・実技審査)を経て、神経内科専門医となる訳ですが、現在、我が国では神経内科専門医の数は約4,000名程度と、それほど多くはありません。従って、神経内科専門医は希少価値の高い資格と云えるかもしれません。ちなみに医学系の最大の学会は日本内科学会ですが、内科専門医(総合内科専門医)は約15,000名もおります。
日本神経学会のホームページ(HP)はこちら

日本全国の神経内科専門医を検索することができるので、御興味のある方はぜひ閲覧してみてください。検索してみると分かりますが、日野市では神経内科専門医の登録が殆どありません。当サイトを閲覧の皆様(御本人)、御家族、知人の方で上記の様な症状がある場合、神経内科を受診されることを御奨めいたします。また、その際には、ぜひ当院の受診を御一考ください。

神経内科で診る主な疾患

1.頭痛
片頭痛、筋緊張型頭痛、群発頭痛、後頭神経痛、三叉神経痛
2.脳血管障害
脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、高血圧性脳症、ウィリス動脈輪閉塞症(もやもや病)、動静脈奇形
3.痴呆性疾患
アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、ピック病、レヴィ小体型認知症、正常圧水頭症
4.神経感染症
髄膜炎/髄膜脳炎(ウィルス性、細菌性、結核性、真菌性)、脊髄炎、脳膿瘍、クロイツフェルト−ヤコブ病(プリオン病)
5.脱髄性疾患
多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、副腎白質ジストロフィー
6.てんかん症候群
全般発作(大発作・小発作)、部分発作、ミオクローヌス、複雑部分発作・精神運動発作(側頭葉てんかん)
7.めまい
良性発作性頭位性めまい、前庭神経炎、内耳炎、メニエール病、中枢性めまい(脳血管障害・脳腫瘍)
8.不随意運動を主徴とする疾患/錐体外路疾患
本態性振戦、パーキンソン病・パーキンソン症候群、チック、ジストニア、アテトーゼ、バリスム、舞踏病症候群、ハンチントン舞踏病、発作性舞踏アテトーゼ、下肢静止不能症候群(むずむず脚症候群)
9.脊髄小脳変性症
オリーブ橋小脳萎縮症(OPCA)、晩発性小脳皮質萎縮症(LCCA)、多系統萎縮症(MSA)、シャイ・ドレーガー症候群、遺伝性脊髄小脳変性症、歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症(DRPLA)フリードライヒ型運動失調症
10.運動ニューロン疾患
筋萎縮性側索硬化症(ALS)、球脊髄性筋萎縮症(SBMA)、脊髄性進行性筋萎縮症(下位運動ニューロン疾患)(SPMA)
11.脊椎・脊髄疾患
変形性脊椎症(頸椎症、腰部脊柱管狭窄症)、脊髄空洞症、環軸椎偽痛風(Crowned dens syndrome)、脊髄梗塞、HTLV-1 関連脊髄症(HAM)
12.末梢神経障害
多発性ニューロパチー、多発性単ニューロパチー、ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)、クロウ・フカセ症候群(POEMS 症候群)
13.自律神経疾患
アディ症候群、起立性低血圧、急性自律性ニューロパチー
14.神経筋接合部疾患
重症筋無力症
15.筋疾患
周期性四肢筋麻痺、多発筋炎・皮膚筋炎、進行性筋ジストロフィー、筋強直性ジストロフィー、ミトコンドリア脳筋症
16.代謝性神経疾患
ビタミン欠乏性神経障害、ウェルニッケ脳症、糖尿病性末梢神経障害、甲状腺機能亢進症による振戦
17.中毒性神経疾患
アルコール性脳症(マルキアファーバビグナミ病)、スモン(キノホルム中毒)

脳梗塞

血糖値が高かったり、コレステロールや中性脂肪の高い血液は、粘調度が高くなります。
いわゆる、血液ドロドロ状態です。
動脈硬化で細くなった血管に、この血液が流れると、詰まりやすくなります

脳の血管が詰まってしまうと、脳梗塞。
心臓の血管が詰まってしまうと、心筋梗塞を起こしてしまいます。

「自分の血管の動脈硬化はどうだろう?」という方にも各種検査がございます。
「自分は血管が詰まるリスクが高いのだろうか?」という疑問にお答えする、「Lox-index」という検査も受け付けております。

MRI脳ドックについて詳しくはこちら

脳梗塞になりやすい季節は?

夏は熱中症が心配されますが、脳梗塞の患者様が増える時期でもあります。
気温の上昇に伴い、汗をたくさんかきます。すると血管内は脱水傾向になります。

このような、恐ろしい病気にならないよう、こまめな水分摂取を心がけるようにしましょう。

Page Top